屋根の雨どいが原因の雨漏りとは

  • 屋根の雨漏りを修理する前に特定したい本当の原因

    • 木造建築の屋根は、瓦屋根から棟板金まで、さまざまな種類があります。
      瓦屋根は破損してしまうと雨水が入るようになってしまいます。
      棟板金は破損していなくても隙間の発生で雨水が入るようになってしまいます。
      棟板金の隙間は、棟板金と棟板金が重ねられて施工されているのが、地震の揺れや台風などの強風による圧力でズレてしまう場合もあります。


      棟板金そのものが劣化してしまうと、亀裂が入りやすくなります。
      室内に水滴が落下するようになってしまった雨漏りは、まずは応急処置で水滴の落下を防止する方法を施工して、同時にリフォームも検討すると良いでしょう。

      リフォームを施工するのが前提になっていないと、応急処置は効果が長続きしないからです。雨漏りは一時的に水滴の落下を防止することで、室内を保護できます。

      同時に本当の原因が何かを知る必要もあります。
      本当の原因は実際に屋根を観察してみないと分かりませんが、専門家が観察すれば一瞬で判別できる場合も多いです。



      瓦屋根の破損は、修繕すれば回復できます。



      棟板金の隙間は、棟板金を交換する必要があると大掛かりな工事になりますが、まずは防水シーリング剤で隙間を埋めておき、雨漏り被害を拡大させずに済みます。



      破損や隙間が発見されない場合は、あらためて本当の原因を調査する必要がありますので、まずは応急処置で防水シーリング剤を塗布しておくと良いでしょう。


      本当の原因は何かを調査してもらう期間が長くなってしまっても、防水シーリング剤で雨水を阻止できます。

top